読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金の事を考えれば考えるほどストレスを感じる。

 何ヶ月か前から、嫁さんと一緒に家計簿をつけている。どれだけの収入があって、どれだけの支出が毎月あるのか、ざっくりでも把握をする為だ。今まで、なんとなく買い物をして、時間があるから遠出をして、子供の物を必要だから買って、たまにライブハウスに行かしてもらって・・、何かこのままでいいのかなって凄く不安になったことと・毎月貯蓄しているお金も適正な額なのかも知りたかったし、そもそも身分相応の暮らしをしているのかを数字として知る事も家計簿をつける大きな理由だった。

 

 お金の事を、考えれば考えるほど不安になる。この先健康にせめて定年まで働く事ができるのだろうか・子供たちが健康に過ごせて好きな事をやらせてやれる事ができるのだろうか、一円でも多くあるにこした事がないし・・・って考えれば考える程お金のストレスに押しつぶされそうになる。なんとかなるって考えれば楽になれるけど、誰かが言ってた、なんとかなるって言えるのはちゃんとその事に対して準備をしてきた人が言える言葉らしい。

 

 って、言いながら自宅に光回線をとおして、アマゾンプライムビデオで海外ドラマを観て、好きな本を読んで、好きな音楽を聞いて満足している。矛盾しているなって自分でも強く思っている。

 

 自分自身がどうしたいか・どうありたいか定まってないから、ブレているからストレスを感じてしまうのかな。こう思考がグルグルめぐらすだけでしんどくなる。

 

 この間、久しぶりに好きなバンドのライブを観に行ける機会があった。モッシュして暴れて汗だくになり、ダイバーに上に乗られて首が寝違えたようにもなったけど、拳を上げて叫んでしたあの空間での出来事は、僕にとって「生きてるな」って強く実感ができた時間だった。

 だから、どれだけそんな時間を生きてる間に過ごす事ができたかって事がお金を稼ぐ事よりも大事なんじゃないかってストレスにさいなまれたら自分に言い聞かせるようにしようと思う。