読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっこいい生き方をしている人は僕が知らないだけで、世の中にいっぱいいる。

  自分が知らないなだけで世の中には、かっこいい生き方をしている人がもっといっぱいると思う。バンドマン、映像を作る人、絵描き、作家さん、何かを作っている人、表現して発信している人。生きているからこそ出会えてその人から放つものにふれた時のワクワク感や高揚感。その体験は人生であと何回できるかなって思ったら、好きな事を探求し続ける事や、自分の知らない世界に触れる時間を一日の中で少しでもいいから持ち続ける事が大事になってくると改めて思った。その時間を持つからこそ新しいあの高揚した体験に出会う事に繋がる。

 

 

音楽好きでほんとよかった。

 

歳をとっても音楽を聞ける環境と体力は死守したい。

 中3の時Hi-STANDARDに出会うまでは、本気でヴィジュアル系のような格好をしないとバンドってできないんだって思ってた。それまではGLAYやLUNASEAみたいなバンドしか知らなかったし、どれだけ情弱だったんだろう振り返ると思う。今はネットにつながっていれば、聴きたいって思うバンドの曲を視聴することもできるし。

 Hi-STANDARD以外にAIRJAMに出ていたBRAHMANHUSKING BEETHE MAD CAPSULE MARKETSBACK DROP BOMBLOW IQ 01など今でも聴くしPIZZA OF DEATHに所属しているバンドの新譜はけっこう買っている。海外だったら、NOFXNo Use For A NameRANCIDPENNYWISEなどFATやEpitaphのレーベルのロゴのあるバンドを今でもだけどよく聴いていた。雑誌のOllieを買って夏フェスやイベントのレポの記事とか、音楽雑誌とかもよく読んだし、音楽に関わるカルチャーに触れる事が好きなんだと思う。ライブハウスはいつもVANS履いてるし。

 社会人になって結婚するまでは、友達と多い時は月1回くらいのペースでライブハウスに行っていた。あの空間はCDだけじゃ味わえないし、また行きたいって何度も思える場所だと思う。体力があるうちに観たいバンドは観とかなければ解散するかもしれないし、活動休止するかもしれない。あとでもう一回行っとけばよかったなって思った事もあった。やっぱ物より経験は失くならないし色褪せないな改めて思う。音源も聴けるならどんな端末でもこだわりないし、聴きたいって思ったら聴けるって環境は残したい。

 

f:id:takesan_no:20161123210017j:plain

Hi-STANDARDはまだ生では観ていない。死ぬまでに一回は観たいなって嫁さんといつも話している。

 

買い物に行った時のご飯。

 よく家族とイオンに買い物に行く事がある。僕は明確にこれが欲しいって物がない限り何も買わない事が多い。女性の人って服とか買わなくても店に入って観ているだっけでも楽しいみたいで嫁さんもその一人だ。その事を否定するつもりはないけど、ほんとにほしい物があったら店では買わずネットで買うのが早いし変な労力つかわなくてもすむし僕は楽だと思うんだけど、店をはしごして、値段やデザインを比べたり、これだって思う物に出会えた瞬間があるのがたぶん楽しいんだろうなって勝手に思ってできる限りみずをさすような事は言わないようにしている。嫁さんが服屋のはしごしている間、いつもしている事といったら本屋に行くかヴィレッジヴァンガードがあったら寄るくらい。ヴィレッジヴァンガードは入るのは楽しいけど、これ面白いなって物があって買おうかなって考えても結局買わずに店を出る事がほとんどだ。どうせ使わず放置するか捨ててしまう事になるんだろうなって思ってしまうから。他に楽しいお金の使い方を家族と改めて考えるのもわるくないのかなってふと思った。

 

 で、買い物時にいつも思っているのは、どうしてもこういうイオンとか大きな店とかだったらだだっ広いフードコートで食事をすませる事になる。僕達みたいに小さい子を連れた家族連れもたくさんいて、店の前では人が並んでいて、その時によって席の確保もできずしばらく待たなければいけない事もある。フードコートを見渡すと食事をしているというより何かの儀式をしているようにみえてしまうし落ち着かない。手軽に食事を済ますことができるのがいい所なんだろうし、何を食べるか選ぶのが楽しみなのもわかるけど、食べずにお腹をすかした状態で家で帰ってゆっくり家族と食事をした方が有意義なんじゃないかって思って食べず家族が食べ終わるのを待っている時もある。まぁ単純に人混みが嫌いなだけなんだろうけど。

 

f:id:takesan_no:20161122144537j:plain

と言っても家にいても、こういうジャンクな物を食べてたら、結局同じなんだろうけど。

テレビとこのブログの事。

 家でテレビを、地上波放送を観る事がほとんどなくなった。理由は考えたら色々あるかもしれなけど、一番に思いついたのは正直面白くないからだと思う。でも昔僕が小学校の時はダウンタウンのごっつええ感じウッチャンナンチャンの番組や毎週放送の曜日になるのワクワクして待っていたのは今でも覚えている。最近地上波放送を楽しみに待っていたのは、普段は絶対観ないけと、ミュージックステーションにハイスタンダードの横山健さんが出るって聞いた時は、放送日をずっと心待ちにして、その日テレビにかじりついて観ていた。観ないといっても、他には今放送している大河ドラマ真田丸は毎週かかさず観ている。といっても仕事で家にいない事が多いから録画して観ている。

 

 まぁ何より社会人になって結婚して子供ができて忙しくなったって事と、自由な時間がある時に僕にとってテレビを観る事が他の事と比べて優先順位が低いからだと思う。今じゃネットにつながってたら地上波放送以外のコンテンツがいっぱいあるし、うちではAmazonプライムビデオを観たり、Kindleで本を読む、ブログを読む、書く、YouTubeを観る など時間を潰すだけならなんだってある。限られた時間なんだから、天秤にかけたらやっぱり僕はテレビをふるいおとしてしまう。

 

 こんな風いろいろ思っていたら、家にテレビがあるってのが当たり前なんだろうけど、観ないんだったら別に無理してそこそこ新しいテレビを買い替えなくなてもいいんじゃないかって、所持しなくていいんだって思えて、なんか気持ちが楽になった。今はまだ使えているから大事に使うけど、どうしても必要なら一家に一台あればいいんじゃなかって思う。テレビがある事で、場所をとるし、掃除も大変になるし。まー別に地上波放送を観なくなったって話で、テレビその物を否定しているわけでもないけど。それに人によってワクワクすることって違うし、テレビがそういう存在って人だっていると思うしそれを否定するつもりはない。

 

 テレビ以外にも最近疑問に思った事は、今は掃除機を使わずほうきとちりとりを使って掃除をしている。掃除機だって色んな物が売られているけど、別に掃除機以外の物で掃除したっていいんじゃないかって本気で思うし、テレビみたいに今まであたり前に家にあった物が、使わないし無くても困らないんじゃないかって思った物が仮に無かったら、掃除も短時間ですぐと思うし、ほうきとちりとりでほんと充分なんじゃないかって思う。所持をするってあたり前に思っていた事に疑問を感じったって話。

 

f:id:takesan_no:20161120115958p:plain

 

 ブログのタイトルロゴを載せてみた。日々の記録って英語でどういうのか調べたら、こうでた。正しいとかどうかわからないし、間違っているのかもわからないけど。今は単純に響きが気に入っているから、しばらくこれでいこうと思う。別にタイトルにふかい意味もこだわりもない。ここでは、仕事をして、人と話して、人と出会って、本を読んで、映画を観て、旅行をして、インプットしたことを文字にしてアウトプットをするって事をマイペースに続けていくだけ。アウトプットってえらそうにいえるものではないけど。続けている事をこだわりに今はしようと思う。

 

 

 

表現をするって事に憧れていた。

 本を読んだり映画や海外ドラマ観たり、好きなバンドの曲を聞いたり、LIVEに行ったりするのが趣味でもあり日課になってる。何かを形にして表現し発信をする人に強い憧れをもっている(まぁ好きになれない人もいるけど)。

 ミニマリストの方の本やブログを読んで、自分の生活にも出来ることを取り入れようって思ったのがきっかけでこのブログをなんとなく始めた。ミニマリストの事をブログに載せようって思ったけど、もう内容はこだわらず書きたいと思った事を載せていこうと思う。何かを書く事が面白くなってきたのは正直な気持ち。ただの自己満足なブログになっているし、誰かにとって有益になる事も書けないけどまぁ日々の記録なんだからこんなペースで続けていこうと思う。自己満足なブログでも何かを形にして発信するって事には変わりはないんだろうけど。

 

 

なんだかんだで身体が資本なんだと思う。

 9月少し肌寒いなって感じる時期ぐらいに、腹巻きを買って毎日つけている。いつも季節の変わり目に風邪を引いて寝込んでしまうことがよくあった。風邪をひいた時って振り返ると、外食けっこうしてたな・ジャンクな物よく食べてたな・寝不足だったなとか不健康な事をしていたって反省すべき事がいっぱいでてくる。食べた物を消化するのってフルマラソンを走るくらい体力使うらしい。そんな無理がたたって症状があらわれるらしい。まー暴飲暴食だけが原因ではないんだろうけど。

 

 過去に風邪引いて仕事にも家庭にも迷惑をかけてしまったって反省すべき事が多くある。だからこそスポーツ選手までとはいかないけど、意図的にできて続けられる健康管理をすべきだと考えるようになった。風邪をひいた事で自分の好きな事に力を注ぐ事ができないのはもったいないし。何より病院なんかにお金も時間も払いたくない。

ボールペンからふと思った事の話。

f:id:takesan_no:20161116171123j:plain

 家のどこかしらかにあるボールペン。1本だけでなく何本もある。何かのイベントに参加をして粗品としてもらう・勉強会に参加をしてもらう・人からもらう・買う。仕事で使う事があるからある事にこしたことないし、書きやすかったら使うようにはしているけど。使いきった時のなにかわからない達成感みたいなものを感じた事があるけど、それをゴミに出すって行為がめんどくさいし、何より資源を無駄にしているんじゃないかって罪悪感を感じてしまう。それに、ボールペンに限った事ではないけど物が増えて固めて、気づいたらホコリがかぶっている、スペース・ゾーンをみるだけでしんどくなる。

 よくよく考えれば、家にどれだけの物があるか把握していない。していないというよりあり過ぎてできないと言えばいいか。

 こうやって、物があることで、いろいろと考えてしまう事が一つでも減ったら、もっと好きな事に還元できないのかなって思ったって話。それにやさしくもなれるんじゃないかなって。まー短気な自分が言っても何も説得力はないんだけど。